amakkakakawa.png
天川 由記子(あまかわ ゆきこ) 1958年12月3日東京生まれ。帰国子女。英語と日本語の完璧なバイリンガル。アメリカ在住13年。上智大学外国語学部比較文化学科卒業。アメリカUniversity of Missouri-Columbia大学院政治学部卒業(MA=政治学修士号取得)。NHK専属キャスター、テレビ東京アナウンサー(正社員)として10年以上勤務。主に報道ニュース番組のメイン・キャスターを務める。NHKでは、初代BSキャスター。NHK教育テレビ英語会話上級講師、ビジネス英会話など、英語番組も多数担当。アナウンサーとして10年以上勤務したのち、大学へ転出。帝京大学短期大学 准教授を経て、2010年4月1日から、東京福祉大学・大学院 教育学部 教授に就任(政治学と国際関係論担当)。総理および内閣官房長官の通訳も歴任。専門は、国際関係論、安全保障、アメリカ研究、マスコミ論。国際政治学者。著書(6冊、NHK出版)、学術専門論文100本以上。日本国内およびアメリカにおける政治学会など、全国大会以上での研究発表は50本以上。「週刊文春」「週刊新潮」にも定期的に論文や署名記事を発表。所属学会は、American Political Science Association会員(アメリカ)、アメリカ研究学会会長(日本)、国際関係学会会長(日本)など多数。アメリカ政府に知己が多い。父親は、吉田茂、池田勇人、福田赳夫総理のブレーンを務めた世界的に著名な評論家・国際政治学者の天川勇。特技は、日本語・英語間の同時通訳(プロ)。趣味は、アメリカの大学で専門的に学んだ油絵、家具製作と温泉旅行。自宅や別荘、大学の研究室の家具は、本棚からテーブルに至るまで、すべて手作りのプロ級の腕前。インテリア雑誌などでも取り上げられている。好きな場所は、青春時代を謳歌したWashington, D.C. アメリカミズーリ州立大学時代に、声楽を専門的に学び、オペラ歌手をめざしたこともあった。好きな食べ物は、食材では、フカヒレ、伊勢海老。料理では、ふぐ刺し、京風懐石、トマトベースのパスタ。フルーツは、マスクメロン、マスカット。苦手な食べ物は、ブタ肉とスッポンはアレルギーがでるため食べられず。納豆、とろろは苦手。好きな花は、ピンク・ハイビスカスと八重桜。好きな色は、淡いピンク。好きなことはば、「人生は情熱を演じる劇場である」(30歳の誕生日に石原慎太郎氏から贈られたことば)。性格は、完璧主義、正義感が強い、ちょっと気が短い。身長165cm、体重48kg。血液型はA型。 天川への連絡をご希望の方は、すべてe-mailのみでお願いいたします。電話やfaxによるお問い合わせなどには、応じておりません。目的や趣旨に応じて、メールアドレスが異なりますので、目的にあったメールアドレスをご使用ください。メールは、天川由記子個人事務所の秘書が定期的に確認いたします。目的にあった内容でないものに関しては、お返事はいたしませんので、ご了承ください。事務所の効率をアップするために、メールのみの対応とさせていただいております。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。なお、すべてのメールに、氏名、役職、オフィスの電話番号、メールアドレス、携帯番号を明記してください。明記されていない場合は、ご連絡できません。 マスコミの取材・出演・執筆依頼など、マスコミの方のお仕事のご依頼の場合は、次にメールしてください。yukiko.amakawa.media@gmail.com 必ず、媒体名、目的、締め切り期日、質問項目、携帯番号を明記して送信してください。 講演など媒体以外のお仕事の依頼の場合は、yukiko.amakawa.lecture@gmail.comへ。仕事内容、目的、人数、場所、期日、携帯番号、責任者名を明記して、送信してください。 一般の方は、このブログにe-mailを明記して、書き込んでください。e-mailアドレス、氏名など、必要事項がすべて明記されていないと、送信できません。 大学の広報では、個人的なことなどに関しては、一切お答えいたしませんので、お問い合わせは、メールでお願いいたします。 Bio of Yukiko Amakawa--She was born in Tokyo on December 3, 1958. She is a returnee. She graduated from the Faculty of Foreign Languages of Sophia University in Tokyo. She also attended University of Missouri-Columbia and Georgetown University as a graduate student. Her field of study is international relations. She published 6 books and over 100 papers and articles. She worked for NHK(Japan Broadcasting Corporation) and TV Tokyo as a news anchor for ten years. Currently she is Professor of Political Science with School of Education, Tokyo University and Graduate School of Social Welfare. Should you need to contact her, media people: yukiko.amakawa.media@gmail.com. Others are requested to email to this blog. Thanks. Yukiko Amakawa

2010年04月23日

アメリカ出張 Day2(シカゴ編)

アメリカ出張 Day2(シカゴ編)--2010年4月22日(木)は、長い一日でもありました。22日から、MPSA=Midwest Political Science Association年次大会が開幕し、これから25日までの4日間の大会。この日に向けて、多くの政治学者が、アメリカ国内はもとより、世界中から終結します。会場であるPalmer House Hiltonホテルは、MPSAの貸切状態で、どこへいってもホテル内は、政治学者ばかり。学生時代の同級生にもパッタリ出会い、懐かしく昔話に花が咲きました。大学院を卒業してから20年以上が経過しているので、同級生たちも、それぞれの世界で活躍している人が多くいます。ワシントンDCにあるGeorgetown Universityの卒業生は、学者になる人、政府へ行く人、外交官になる人など、社会の第一線で活躍している人が数多くいます。それも、世界的にトップ水準の人材を数多く輩出している東部の名門校。Georgetownの卒業生で、有名人といえば・・・たとえばClinton元大統領も卒業生のひとり。ひらめき

22日は、5:00amに寝て、10:00に起きるという生活リズムは、東京にいるときとなんら変わらず。時差ぼけも一切なしで、熟睡できました。起きてからまもなくして、ルームサービスで大好きなフレンチ・トーストとオムレツを頼み、ブランチをしながら、昼過ぎからのMPSAでの研究発表準備。

ブランチをしてから、大会参加登録をしに降りていったら、知り合いの学者さんたちに声をかけられ、しばらく立ち話。ホテルの4階が登録場所ですが、そのすぐそばに、アメリカの大手出版社の展示会場があって、教科書見本や専門書がずらりと並んでいて、多くの政治学者が、それらの本を手にとって見ていました。本 私ものぞいてみたら、今年になってかなり多くの専門書や優れた国際関係論などの教科書が出版されていたので、50冊ほど注文しました。国際関係論などの分野は、さすがアメリカが世界の最前線を独走しているだけあって、優れた著書がたくさんexclamation

12:45pmからの自分の研究発表に遅れてはいけないし、同じpanel(アメリカでは、ひとつのセッションのことをパネルと呼んでいます)での発表者(=panelistといいます)へのごあいさつや司会者との打ち合わせもあるため、15分くらい前には会場へいくのが望ましい。私は、12:15pmころ割り当てられた部屋へ行ったら、もう司会者も他のpanelistも来ていました。みんな早いexclamation

研究発表は、私がトップバッターで、20分話しまくり、質問もたくさんいただきました。

私のpanelが終了したのは、定刻の2:25pm。他のpanelists3人と握手をかわして、司会者にお礼を言って、他のpanel会場へ移動。優れた学者の優れた研究を聞くのも、いい刺激であり勉強になります。5:00pm近くまでpanelをのぞいてから、気分転換にホテルの周りをぐるりお散歩してみました。外は、ちょっと寒い。コートが必要な寒さでした。バーバリーのコートを着て出たのですが、ダウンがあったらよかったな・・・という寒さ。でもそんな寒さの中でも、半そでのT-shirtだけで外を歩いているアメリカ人もいました。アメリカの人って、毛皮のコートを着ている人もいれば、半そでのT-shirtの人もいる。なんか季節感がよくわかりません。(笑)がく〜(落胆した顔)

友人の政治学者たち数人と、7:00pmに夕食会へ行く約束をしていたので、それまでの1時間ほどの貴重な自由時間を、ホテル周辺探検に費やしました。天川探検隊は、15分ほどでホテル周辺をぐるりと回ってみたところ、なんとホテルから見えるところに、アメリカ3大美術館のひとつであるThe Art Institute of Chicago(シカゴ美術館)があるではありませんかexclamation×2 迷うことなく、足は美術館へとむいていました。ニューヨークのメトロポリタン美術館、ボストン美術館と並ぶアメリカ3大美術館を見なくては損exclamation 木曜日の5:00pm以降は、入館料無料とのことで、タダexclamation なんとラッキーなことでしょうexclamation

シカゴ美術館は、過去に何度か鑑賞したことがありますが、何度みても、感動を新たにすることができるのは、歴史に残る巨匠たちの芸術力の賜物です。シカゴ美術館の絵画は、また後ほど掲載しますね。

シカゴ美術館は、すごく大きいので、とても1日では見きれません。後ろ髪をひかれる思いで、たった1時間で切り上げて、ホテルへ戻りました。夕食会の約束をしていたので。

全米から集まっている政治学者の友人たち10人ほどと連れ立って、近くのイタリアンで会食。2時間ほどおしゃべりをしてから、ホテルへ戻り、地元シカゴの新聞記者さんのインタビューを30分受けました。テーマは、あいかわらず普天間問題。ふらふら アメリカへ来るたびに、もう何度普天間問題で、インタビューを受け、テレビ・ラジオ出演したり、新聞記事に引用されたりしたことか・・・。もう覚えていません。バッド(下向き矢印)

ホテルのロビーで新聞取材を受けた後、ロビーに隣接しているバーにも仲間の政治学者がたくさんいて、joinするよう誘われたので、しばらくおしゃべり。車がないので、カクテルを飲みながら、アメリカの政治などに話題が集中。時計を見たら、もう24:00をまわっていたので、みんなで明日のことも考え、切り上げてそれぞれ自室へ戻りました。

長い一日が終わりました。長かったけれど、とても充実していて知的刺激を受けることができた貴重な一日となりました。ハートたち(複数ハート)







posted by 天川由記子 at 16:31| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK放送

一日一回は、なんらかの形でニュースをチェックするのは、アナウンサー時代からの習慣です。TV まず、朝起きたら、世界で何が起きているかをチェックする習慣が身についていて、最初に見るのは日本にいてもアメリカにいても、CNN。東京にいるときは、テレビを見ているヒマはないので、テレビを見るといったら、車を運転しているときくらい。見るといっても、運転しながらですから、テレビをつけて聞いているという感じですが・・・。シカゴでは、いくら車大好き人間の私でも、ちょっと運転できません。(道がわからないということと、かなり運転が乱暴。すぐにhornを鳴らすのは、ニューヨークもシカゴもかわりません。) 毎日、シカゴではMPSA関係者と昼食会だ、夕食会だと夜までずっと日程がたてこんでいるため、ホテルの部屋に戻ってくるのは、けっこう遅い毎日。今は・・・日本時間で23日の15:40、こちらシカゴは、23日1:40am。こちらは金曜日になったところで、まだ深夜です。

メール・チェックをしながら、ブログ更新をしていますが、テレビをつけたら、"NHK World" をon airしていました。懐かしく耳に心地よい「NHK」の響き。日本で何が起こっているかは、アメリカに来てしまうと、ほとんどニュースに取り上げられることがないので、浦島太郎になってしまうんです。すべて英語放送ですが、英語を母国語にしているキャスターか完璧なバイリンガルの人が画面に登場しているため、英語も聞きやすく、助かりました。

私がNHKでキャスターをするだいぶ前のできごと。今から30年以上前というと、当時は、まだ帰国子女ということばも珍しく、英語と日本語の完璧なバイリンガルというのは、ごくわずかでした。NHKの英語放送も日本的な発音の英語で日本人のアナウンサーが読んでいたため、当時、駐日米国大使だったMansfield氏が、「NHKの英語アナウンサーは発音が悪くて何を言っているかわからなくて困る」とNHK会長に直訴したため、ただちに英語を母国語にしているキャスターに交代した、という逸話はNHKでは有名なんです。以来、日本語的英語のアナウンサーは、登場しなくなりました。

終日、シカゴではNHK放送があるようですから、それだけシカゴには、日本人が多いということなのでしょうね。これで日本に帰っても、浦島太郎にならずにすみますexclamation 災害や選挙報道は、私はテレビではNHKが一番信頼できると思いますから、なにかあったらまずNHKを見ますが、アメリカでもNHKにお世話になるとは、思っていませんでした。困ったときのNHKだのみ・・・です。わーい(嬉しい顔) ハートたち(複数ハート)





posted by 天川由記子 at 15:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

French toast

今日は、10:00amに起きて、12:45pmから自分の研究発表があったので、お昼を食べている時間がありませんでした。研究発表の準備もしたかったので、brunchとしてroom serviceをとることにしました。

私がアメリカで好きな食べ物のひとつに、french toastがあります。アメリカのfrench toastは、日本のよりも、ふわふわしていておいしいんです。私は、食べ物を残すのが嫌なので、レストランでは、最初から自分が食べられる量だけを注文することにしています。French toastも、まともに注文すると、多いときで厚ぼったいパンを4枚分持ってくることがあり、目が回ってしまいます。今朝は、パンは1枚だけ。それと、野菜たっぷりのオムレツと搾りたてのオレンジジュースでした。オレンジジュースは、日本よりアメリカのほうがおいしいと思います。日本のオレンジジュースて、なんかすっぱみが強いんですね。あと、オムレツも好き。マッシュルーム、トマト、オニオン、ピーマンを細かくきざんで、オムレツの中に入れてもらいます。中に入れる野菜などは、自分で選ぶことができます。ハワイなどのホテルでは、buffet会場でchefが目の前で好きな野菜などを入れて、オムレツをつくってくれますよね。

P1070664.JPG

もう、これだけでおなかいっぱい。今日のbrunchでした。ハートたち(複数ハート)





posted by 天川由記子 at 09:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Palmer House Hiltonの部屋

Palmer House Hiltonホテルのお部屋は、古い建物なので、アメリカン・スタンダードからいうと、かなり狭いという感じがします。日本のcity hotelと比べると、さすがにそれよりは広いですが・・・。わーい(嬉しい顔)

P1070603.JPG

天井にライトがあるホテルは、アメリカでは珍しい存在といえます。私は、暗いのが嫌いなので、天井にライトがあると嬉しいです。ぴかぴか(新しい)

P1070606.JPG

ホテルの自室で、ひと休み。くつろげるひとときです。

P1070617.JPG

お部屋のデザインもヨーロッパ調に統一されていて、落ち着いた感じがします。ハートたち(複数ハート)








posted by 天川由記子 at 09:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Palmer House Hilton

MPSA年次大会の会場であり、研究発表者の宿泊所でもあるPalmer House Hilton--大規模ホテルで、MPSAの年次大会は、ここで開催されることが多くあります。これだけの巨大なホテルを探すのはむずかしいとのこと。去年初めてきたときは、自分の部屋に行き着けなくて、ホテル内で迷子になり、大変でした。古い建物で、中は、まるで迷路のよう。古い建物だけに、装飾もヨーロッパ調で、豪華です。

P1070629.JPG

ホテルの顔ともいえる玄関。

P1070594.JPG

ロビーも広々としています。

P1070621.JPG

天井画もこっています。

P1070623.JPG

巨大なホテルだけに、エレベーターも10基以上あります。エレベーターホールもゆったりとした贅沢なつくりとなっています。

P1070619.JPG

ガラス張りのモダンな建物は、私はあまり好きではありません。やはり、こんな感じのヨーロッパ調の建物が好きですね。ハートたち(複数ハート)





posted by 天川由記子 at 09:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

摩天楼

シカゴの街を歩いていると、摩天楼と美術館が目に留まります。摩天楼は、シカゴのシンボルのようなもの。シカゴを誇るようにそびえたつ摩天楼は、遠くからでも目立ちます。

O'Hare空港からホテルへ向かうフリーウエイでも、downtownに近づくにつれて、だんだんと摩天楼郡が見えてきました。

P1070567.JPG

Sears Towerが遠くに見えます。110階建ての複合ビル。高さは、およそ443m。全米一の高さを誇ります。

P1070585.JPG

展望フロアからの景観は、圧巻です。ハートたち(複数ハート)





posted by 天川由記子 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新緑

シカゴに到着して、丸1日がたちました。もう1週間くらいいるみたいな気がしています。今回のシカゴ出張のハイライトは、研究発表をすることでした。それが初日に終わってしまったので、気が楽になり、リラックスしています。黒ハート

きのう21日にシカゴのO'Hare空港に到着して、タクシーでdowntownにあるPalmer House Hiltonホテルに移動しました。その道すがら、木々の新緑が明るく、まばゆいばかりに輝いていました。春の息吹を感じます。ぴかぴか(新しい)

P1070551.JPG

P1070548.JPG

P1070552.JPG

桜が咲いているのは、ワシントンDCだけではありません。シカゴにも桜の木は、たくさんあるのです。

P1070582.JPG

元気のよい新緑は、外に出て行くように声をかけてくれているような気がします。春--いろいろな意味で、新たな始まりのとき。学校、仕事・・・新緑とともに、心機一転して、また新たな人生の1ページをめくっていきたいですね。ハートたち(複数ハート)








posted by 天川由記子 at 08:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MPSA研究発表

第68回MPSA年次研究大会初日に、私の研究発表は、無事終了しましたexclamation よかったexclamation 初日とかトップバッターが好き。さっさと終わらせて、気が楽になれるからです。あとは、大会最終日の25日に他のセッションの司会をやるだけなので、残りの3日間は、リラックスしてすごせます。

私のセッションは、18-3 "Threats, Leaders and National Identity"というセッションのタイトルがついています。MPSAは、参加者も発表者もものすごい多い学会なので、ひとつのセッションに、4人の研究発表者とひとりの司会者とひとりか2人の討論者がいて、最低でも6人がひとつのteamを構成するシステムになっています。

4人の研究発表者です。

P1070674.JPG

私は、この4人の中で、トップバッター。順番は、大会運営委員会がプログラムを作成するときに決めます。準備完了exclamation

P1070671.JPG

それでは、研究発表スタートですexclamation

P1070673.JPG

ひとりあたりの持ち時間は、25分です。今日の私は、20分間研究発表をしました。

無事終了。質疑応答が30分以上になってしまって、司会者が途中で打ち切ることに。とても中身の濃い充実した内容のセッションでした。満足感でいっぱいです。研究発表者の皆様、お疲れ様でした。そして、それぞれがすばらしい研究をされていました。最後に、お互いの研究をたたえあって、このセッションは終了しました。ハートたち(複数ハート)






posted by 天川由記子 at 05:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MPSA大会プログラム

MPSA大会プログラムは、毎年電話帳のようにずっしりと重いのです。持ち歩くだけでも大変。

これが今年のプログラムです。

P1070636.JPG

あまりに分厚いので、そのまま立つこともできます。

P1070638.JPG

暑さは、なんと2.7cmexclamation 

私の携帯電話ふたつ分よりも、もっと厚ぼったいです。

P1070640.JPG

私が研究発表するセッションは、22日の12:45pmからの「Session 18-3」です。小さいので字が見えないかもしれませんが、こんなにびっしりなんですexclamation

P1070641.JPG

では、これから私の研究発表をしてきますexclamation ハートたち(複数ハート)




posted by 天川由記子 at 05:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第68回アメリカ中西部政治学会開幕

今日4月22日から、第68回アメリカ中西部政治学会が開幕。25日までの4日間、朝8:30から6:15pmまで、連日、研究発表のセッションが目白押し。同じ時間に、なんと63ものセッションが同時平行でおこなわれています。

午前中に、大会参加の登録をしました。もちろん事前登録をする必要があるわけですが、大会が始まってから、名札とプログラムをもらいます。名札をつけていないと、会場には入れません。

ホテル内の4階に設置されている参加登録場所です。苗字のアルファベット順に分かれています。

P1070669.JPG

名札は・・・よかった。ちゃんとありました。わーい(嬉しい顔)

P1070666.JPG

この大会は、毎年10,000人近くの政治学者が参加し、トータルで2,000人以上が研究発表をおこなうため、プログラムは、電話帳みたいに分厚いものをくれます。いつどこでだれが発表するか、よく見て、自分が興味のあるテーマのセッションに聞きにいきます。あまりにもたくさんのセッションが同時並行しているため、どれに行こうかいつも迷ってしまいます。

P1070667.JPG

では、これよりセッションへ行ってきますexclamation ハートたち(複数ハート)





posted by 天川由記子 at 05:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熟睡

今シカゴ時間で、22日の10:00amです。日本時間では、23日の0:00.今起きました。今朝5:00amに寝て、10:00am起きというのは、日本にいるときの私の生活リズムとほぼ同じ。今朝5:00amは、さすがに眠くて、爆睡。一度も目が覚めることなく、夢をみることもなく、ただひたすら深い眠りについていました。頭は、すっきりさわやか状態。これからシャワーをして、このホテル内で開催される「中西部アメリカ政治学会」の大会に参加します。

今日がその大会の初日。まず、大会参加の登録手続きをしてきます。同じホテル内だから、移動の時間を考えなくてすむので、便利ですexclamation ハートたち(複数ハート)




posted by 天川由記子 at 00:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳩山総理元公設秘書有罪判決

鳩山総理の資金管理団体をめぐる偽装献金事件で、東京地裁は22日、元公設秘書に有罪判決を言い渡しました。判決は、友愛政経懇話会の会計事務責任者だった勝場啓二被告(59)に対し、政治資金規正法違反(虚偽記載など)で、禁固2年執行猶予3年の有罪判決でした。この元秘書の有罪判決を受けて、鳩山総理は、「一生の戒めとしたい」と述べました。しかし、「裁判資料の国会提出は必要ない」とも述べています。なぜ必要ないのでしょうか? 自分自身にやましいところがなければ、正々堂々と国会に資料提出をすればよいのではないでしょうか? 数年間のトータルの母親からの資金提供が1億円を超えていて、その使途が明確でないから、問題となっているわけです。まだ、総理自身が説明責任を十分にはたしたとはいえません。秘書が勝手にやって、自分は知らなかったと言い続けていますが、そのこと自体が、ありえないことだけに、秘書に責任転嫁しているのではないか、監督者責任を逃れてはいないか、といった疑惑が払拭できないのです。総理自身は、勝場元秘書への有罪判決がおりたことで、一連の事件の幕引きをはかりたいのでしょうが、総理が「知らなかった」で押し通そうとしていることに違和感を感じますし、総理自身への不信感はぬぐえ切れないのです。

小沢幹事長と2人で、ぜひとも国会の場に資料提供をして、堂々と国会の場で論戦を張っていただきたい。やましいところがないのならば。そうでなければ、民主党の支持率がUカーブを描いて、夏の参院選までの間に急上昇することはありえません。まして、総理自身が、5月末までに決着をはかると公約した普天間基地移設問題もあります。政治とカネの問題は、永遠に政治における課題です。民主党ならクリーンだろうと期待した有権者をある意味裏切ったことになってしまっているわけです。だからこそ、鳩山政権への支持率が急落し続けています。国民は、ちゃんと見ていて、わかっているのです。国民は、それほど愚かではありません。いったいいつになったら、政治とカネの問題が、政治の舞台からなくなるのでしょうか・・・? 支持率は正直です。支持率が如実にその答えを表してくれています。ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)




posted by 天川由記子 at 00:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。